Tritoneギターウクレレ教室

 

ギター・ウクレレを習うなら

Tritone (トライトーン)ギター・ウクレレ教室

 

音楽という名の新しい扉を開いてみましょう!

ギター、ウクレレは元気と感動を与えてくれます。

 

当教室では「音楽を楽しむ」をコンセプト

 

クラシックギター

エレキギター

アコースティックギター

ウクレレ

作曲 編曲

ギター合奏

本番のためのメンタルトレーニング

 

を指導しております。

所沢・練馬の2カ所で教室展開中。 

 Tritoneギター ・ウクレレ教室で新しい自分を見つけましょう!

  

当教室は楽器を初めて触る初心者から上級者、

プロ志向まで幅広く対応。

様々な年齢層の生徒さんがそれぞれの音楽を楽しんでいます。

プロが教えるレッスンで楽しく効率よく上達しましょう。

まずは無料体験レッスンで指導方針、教室の雰囲気、楽器の疑問、練習方法を知ることができますので安心して入学できます。  

 


コロナウィルス対策

 

当教室のコロナウィルス対策について

 

・講師のマスク着用・手指消毒・検温の徹底

・レッスン後の換気・空気清浄機の常時稼働

・椅子や譜面台など備品の除菌

・社会的距離の確保

・希望者にはオンラインレッスンで対応

・レッスンの間に10分間隔を空ける時差通学

 

生徒の皆様に安心してレッスンを受けていただける環境を作ります。

  

 


クラシックギター教室

所沢クラシックギター教室

往年の名曲「禁じられた遊び」や

「アルハンブラの思い出」など、

あなたの弾きたい曲が必ず見つかるはず。

音の強弱、表現、全てを自分でコントロールする醍醐味は何にも代えられません。

エレキギター教室

所沢エレキギター教室

エレキギターはバンドの花形。

バッキングから速弾きギターソロまで!

アドリブができれば音楽の幅が広がり、

ジャムセッションで新しい世界が

広がります。

アコースティックギター教室

所沢アコースティックギター教室

指弾きの透き通るような儚い音から

コードストロークの激しい音まで。

繊細さと激しさを併せ持つアコギ。

弾き語り、ソロギターと可能性は無限大。

 


ウクレレ教室

所沢ウクレレ教室

ギターよりも気軽に。

持ち運びも簡単で、海でも山でも

いつでも一緒。伴奏だけでなくソロもできるオールマイティーな相棒。

手の小さい人でも簡単に弾けちゃう、

それがウクレレという楽器です。

 

メンタルトレーニング教室

所沢 ギターメンタルトレーニング教室

練習ではうまく弾けても、本番では極度の緊張で弾けなくなってしまう。

アマチュアの方はこういった悩みを抱えている方がほとんどです。

「生まれつき本番が弱いから」と

諦めてしまう前に

「本番のための練習」を始めましょう。

作曲 編曲教室

所沢作曲教室

主にギターを使って作曲、編曲、音楽理論を学ぶことができます。

浮かんだメロディーにどんな伴奏をつけるか。音楽理論、コード理論を学ぶと自分の思い描いた曲が作れるようになります。

あなたも明日から作曲家です。

 


ギター合奏

所沢ギター合奏 リバープレイス

毎月第2、第5土曜日にギター合奏団

リバー・プレイスを指導しております。

合奏には呼吸を合わせ、一つの音楽を

作り出す面白さがあります。

ソロ演奏よりも易しいため

初級者にもオススメ。

youtube校

Tritoneギターウクレレ教室YouTube校が始まりました。有料級のワンポイントレッスンを無料で見ることができます!

是非チャンネル登録して動画のアップロードを楽しみにしていてください。

 



Tritoneギター・ウクレレ教室の特徴

 

レッスンの質が高い個人レッスン、疑問をその場で解決。

・上手くなるためにとにかく「楽しむ」ことを大事にしています。

・初心者からプロ志向まで楽しく優しく、時に厳しく指導しています。

一人一人に合った進み具合、それぞれの正しいフォームを考えながらの指導。

得意分野をさらに伸ばし、苦手分野を見つけ指導することで改善。

講師の録音録画OK!自宅練習でも正しく復習できます。   

 

 

また当教室では、日頃の練習のモチベーションを上げる為に様々なイベントを開催しております。

同じ楽器、目標の人たちと関わることで音楽の輪を広げて楽しみましょう。

 



教室イベント

ギター教室ウクレレ教室発表会演奏

発表会

毎年1回、教室の発表会を

行っています。

日頃の練習の成果を発揮する

絶好のチャンス。

ドキドキワクワクが止まらない!

普段味わえないスリルと感動が

発表会の舞台にはあります。

ギター教室嬬恋村合宿

合宿

毎年8月に群馬県嬬恋で

2泊3日の合宿を行っています。

プチ発表会、BBQ、星座鑑賞、ギターの生演奏カラオケなど、盛りだくさんの内容で大好評。

自然に囲まれながら時間を忘れて音楽を堪能しましょう。

ギター教室の懇親会

懇親会

花見、忘年会、青空発表会など

定期的に生徒同士の繋がりを持つことでお互いに刺激しあえば

練習にも張り合いが出るというもの。花より団子という方が多いのはここだけの話。

みなさんおしゃべりが大好き!

 



新着動画

クラシックギター

初のMVを作成しました。埼玉県長瀞の美しい自然の中で演奏、撮影はとても新鮮な体験でした。曲はアントニオ・ラウロ作曲の「エルニーニョ」です。

 

エレキギター

Deep PurpleのHighway Starのソロ部分の抜粋動画です。

メロディアスなツインギターと

速弾きが聴ける70年代の名曲です。

ウクレレ

松田聖子さんの名曲 Sweet Memoriesを弾きました。シンプルな編曲ですが誤魔化しがきかないので実は難しいのです。メロディーと伴奏の弾きわけが腕の見せ所です。


作曲

ビリヤードYouTuberのイレイチ渡辺さんの為に作曲しました。ナインボールの白熱した試合をイメージしています。

ミクソリディアンの曲は初めて作りましたがロックに合いますね。

合奏団

所沢ギター 合奏団リバープレイスの発表会。童謡、民謡、ジブリ作品、映画音楽と色々な曲を演奏しました。

講師紹介

練馬校のウクレレ・歌担当として、てづかあい先生が新講師として加入されました。

てづか先生の優しい人柄が溢れる動画となっておりますので是非ご覧ください。




ブログ記事

www.guitar-ukulele-rk.com Blog Feed

クラシックギター を初めて買う時に気をつけること (水, 04 3月 2020)
クラシックギター 購入で気をつけること 今回はクラシックギターを初めて買うときの注意点について書いていきます。 何を買えばいいかわからない。どこへ行ったらわからないという方は 参考にしてみてください。 全て自分が自信を持ってオススメできることしか書いてませんのでご安心を!   1.クラシックギター専門店で買う 意外と見落としがちですが、まずはクラシックギター専門店で買うことをお勧めします。 何故か? 品揃えが良いということ 店員さんの知識が豊富であるということ この二つが大きな理由です。   大手楽器店でもクラシックギターコーナーは小さかったり、品揃えもまちまちだったり、 店員さんもあまり売れないクラシックギターについて詳しくなかったり (これは仕方のないことだと思います) 専門店であれば品揃えも豊富で質問にもしっかり対応してくれますので安心です。   当教室でお世話になっている楽器店は 有楽町線要町駅にある現代ギター社 JR御茶ノ水駅のメディアカーム JR恵比寿駅カリス 小田急線下北沢駅フォルテ楽器   ちなみに当教室でお勧めしているクラシックギターのブランドは コダイラギター アランフェス アストリアス の3つのブランドです。 一度チェックしてみてください。   値段は頑張って5万円以上のものがいいと思います。 10万円以上の物はさらにクオリティが高くなるので音も良くなります。   2.スケールを確認 スケールとはブリッジのサドルからナットまでの長さのこと。 基本的に650mmとなっています。 平均的な身長の男性であれば手の大きさもあまり気にせず650mmで問題ないでしょう。 手の小さい方は640mmのギターを一度弾いてみると良いでしょう。 たった10mmの違いですが押さえ易さが全然変わってきます。 また、ネック(指板)の幅も少し狭くなるものが多いので違いを感じられると思います。   ただ640mmのギターは音質が少し変わります。 丸く篭ったような音になるので実際に弾いて聞いてから決めた方が良いでしょう。   3.松か杉か クラシックギターの音質に大きく関わることとして表板の材質が挙げられます。 主に表板が白から黄色みがかっているのが松。 茶色や赤みがかっているのが杉です。 音質は全く正反対で、 松は明るく高音に特徴があり、 杉は暗く中低音に特徴があります。 どちらが良いということではなく好みの問題ですので自分の気に入った方を選びましょう。 初心者には杉のギターの方が音は出しやすいと思います。 自分は松、杉2本のギターも持っていますがどちらも違う個性があります。 メインギターは杉です。   4.付属品もチェック 付属品もしっかりした物を買っておくとストレスなく練習に打ち込めると思います。   ・足台 足台はクラシックギター を正しく構えるためには必需品です。 オーハシの足台がお勧め。 他のものと比べると少し高いですが、 頑丈で安定性もあるので自分はこれを使っています。   ・譜面台 譜面台のおすすめはドイツのブランドK&M ドイツらしいがっしりしたデザインと安定感です。 錆びにくいの一つ買っておけば長く使えます。   ・チューナー チューナーはKORGのクリップチューナー。 最初はチューナーがあった方が調弦もしやすく安心でしょう。 色々とモデルチェンジしますが最新式を買っておけば電池交換のみで半永久的に使えます。   ・ギターケース ギターケースはギターに付属しているもので良いと思いますが あまり重いようだと持ち運びが大変なので検討した方がいいでしょう。 基本的にはハードケースか、セミハード。 持ち運びが多い方は軽量なカーボンケースがいいでしょう。 有名なのはバムアランフェス。 重さは大体同じなのでデザインで選ぶといいでしょう。 自分はアランフェスのカーボンケースですが他のブランドのセミハードよりも軽いと思います。(体感上) ただし値段が高いので勇気がいります。   以上がクラシックギター を購入するときの注意点でした。 参考にしてみてください。   ブログページへ戻る 講師プロフィール ギター・ウクレレ音源 演奏スケジュール 教室イベント 教室コンセプト 生徒の声 お問い合わせ
>> 続きを読む

楽器選びで大事なこととは? (Tue, 03 Mar 2020)
楽器選びで大事なこと 今回は楽器選びについて書いていきます。   全く楽器を触ったことがない方にとっては何を基準にしていいかわからないと思います。 そこでいくつかのポイントをあげていきますので参考にしてください。   1.見た目で選ぶ これは一番わかりやすいですね! 色がいい、形がいい、好きなアーティストが使っているから、憧れのブランドだから等 まずはわかりやすい見た目が大きな判断材料になります。 これは趣味として続けていくのにとても大きな役割を持っています。 やはり見た目が良い楽器は触りたくなりますし、飾って眺めている(ちゃんと弾いてくださいね)だけでテンションが上がります。 良い循環を作るためにも迷ったら見た目で判断するのがいいでしょう。   2.予算の範囲内でなるべく高い楽器にする 「長く続くかわからないからまずは安いものを」と考えてしまいがちですが、 この考えはとても勿体ないと思います。 極端に安い楽器を買ってしまうと音や楽器の状態が悪いのであまり感動がありません。 思い切って予算の範囲内で一番高い楽器を買ってみましょう! 10万円以下の楽器は大体値段に正比例して良い音がします。 良い音がするとついつい弾いてしまい、ニヤニヤしている自分に気づくでしょう。 やる気が出ますし、楽しんで練習する良い循環ができますよ!   3.なるべく店頭で弾いてみる 最近はネット通販の普及で オンラインで楽器を買う方が増えていると思います。 しかしまずは一度店頭で弾いてみることをお勧めします。 楽器は一つ一つ木目や若干音色が違います。 品番が同じでも個体差があります。 ですのでなるべく店頭で弾いてみて、他の楽器とも比べてみると音の違いがわかって勉強になります。 お目当の楽器を買いに行ったのにいろいろ弾いているうちに、 目移りしてしまって別の高い楽器を買ってしまったというのはよくある話(笑) 楽器を弾ける方に一緒についていってもらうか、店員さんに少し弾いてもらうようにしましょう! 普段行かない楽器店での試奏は気恥ずかしいものですが、少し勇気を出せば良い出会いが見つかるはずです!   4.最後は直感で 最後は直感です!これが結局一番大事です。 ビビっときた楽器を買ってください。 ネットで色々と調べて 材質がどうたらこうたら 細かいことまで気にすると決められなくなってしまいます。 わからないからなんとなく決めた ではなく、   音がいいからこれに決めた! 見た目がいいからこれに決めた!   自分の直感を信じて初めての楽器を買ってみましょう! 愛着が湧いて楽しく弾けて、結果的に良い趣味になるはずです。       それでも不安だという方用に 購入の詳細記事はこちらにありますので 読んでみてください。   クラシックギター 購入の注意点 ブログページへ戻る 講師プロフィール ギター・ウクレレ音源 演奏スケジュール 教室イベント 教室コンセプト 生徒の声 お問い合わせ
>> 続きを読む