Tritoneギターウクレレ教室ブログ 自己紹介

自己紹介

教室用のブログをはじめました。

ここではギターに関しての情報について書いていきたいと思います。

 

まずは自己紹介でギターを始めたきっかけや

教室を始めたきっかけなどを書いていきます。

 

ギターを始めたきっかけ

 

あまり覚えていませんが(笑)

大体12歳頃、小学6年生くらいだったと思います。

兄が弾いていた・・・というより弾かなくなって押し入れにしまってあったアコースティックギターを

引っ張り出してきて触り始めたのがきっかけでした。

 

ピアノを習っていた(習わされていた)のもあって

なんの抵抗もなく自然と触るようになっていたかもしれません。

 

仲の良い友人がアコギを弾いているというので一緒に練習したりして。

「将来はギターでテレビに出るんだ」なんて話していたような気がします。

漠然とその時から自分はギターのプロとして生きていくんだ。

そう思っていました。

 

それから間も無くエレキギターを買ってもらいました。

楽器屋ではなく・・・ダイクマ。

やっすいギターですがとりあえず弾ければよかったし

アンプも入れて15000円くらいだったように思います(笑)

 

そのころはビジュアル系バンド全盛。

L'Arc〜en〜CielやGLAYなどのバンドが活躍していましたので

ひたすら好きな曲をコピーしていましたね。

練習方法はあまりわからず、でも楽しく弾いていたように思います。

 

友人と即席バンドを作って

通っていた塾が主催する音楽祭に出たこともありましたね。

出来はあまり良くなかったように思いますがひとまず形になってホッとしました。

 

図らずも厚木高校へ進学したことがその後の人生を大きく影響したかもしれません。

 

 

ポール・ギルバートとの出会い

 

高校に進学してから同じクラスにハードロック、ヘヴィメタルが好きな生徒がいて、

たまたま貸してもらったテープ(古い!!)がポール・ギルバートのバンド・レーサーXでした。

 

借りパクしましたね。ええ(笑)

というか、そんなに好きならあげるよって言われましたね。

 

ポール・ギルバートの演奏はとにかく衝撃的で。

速すぎて聴き取れませんでした。

何をしてるんだこれは・・・ギターなのか?

そんな感じ。

 

そしてかっこいい。

ヘヴィメタルの速い曲を聞いていると夜落ち着いて寝られる。

そんな変な高校生でしたね。

 

それからはポールギルバートの曲をひたすらコピーする日々。

速く弾けるように毎日ひたすら練習していました。

今でもこの経験があってよかったなあとしみじみ思います。

漠然としていたプロの夢はこの頃はっきりとしてきていました。

 

それと、厚木高校の伝統で毎年文化祭のテーマソングを決める投票があるんですね。

その当時、軽音部はなかったんですが、バンド活動とオリジナル曲制作は盛んで

それぞれのバンドが作った曲の中から投票で選ばれると

文化祭の開会式で演奏できるというイベントのためにみんな頑張ってましたね。

 

オリジナル曲を作る土壌があったのはとてもよかったかなと。

残念ながらテーマソングを取ることはできませんでしたが

人気投票で決まる後夜祭に2回出演できたことは思い出深いですね。

1000人くらいは見てますから。なかなか度胸がありましたね昔は(笑)

 

厚木高校の軽音楽部が現在全国大会の入賞常連なのも、

この伝統があったからだと思います。

もう少し早く軽音楽部ができて欲しかった笑

 

クラシックギターを始める

MI JAPANを卒業後、母親がもらって来たクラシックギター 教室のチラシ。

これから勉強のために始めてみようかと軽い気持ちでクラシックギター を弾くことになりました。

またまた人生を大きく変えるとも知らずに・・・(笑)

 

最初はエレキギターとクラシックギターの違いに戸惑いました。

構えは違うし、右手はピックではなく指弾きだし、

タブ譜ではなく五線譜だし、アクセントは違うし、

音は汚いしで先生には散々に言われましたね(笑)

 

でも辞めなかった理由は一つずつ成長していくことが楽しかったし、

一人で演奏する楽しさが自分には合っていたのかもしれません。

もちろん一人で弾く難しさもひしひし感じていました。

 

その後、運よくコンクールで入賞することができ、

そこから一つクラシックギター で演奏する仕事が入りました。

市役所でのロビーコンサート。

10分ほどの演奏で、曲は

アルハンブラの思い出(タレガ)

プレリュード5番(ヴィラ=ロボス)

を演奏しました。

 

初舞台は緊張であまり上手くいかなかったように記憶していますが

 ギターを演奏する仕事を頂いたことで、ここからエレキギターではなく

クラシックギター での活動にいつの間にかシフトしていきます。

 

コンクールで知り合ったギタリスト達と演奏活動を始め、

ギターで少しでも仕事ができればと思い、24歳でTritoneギターウクレレ教室を開校しました。

右も左もわからず、とりあえずホームページを作ってみて、

手探りで指導方法を少しずつ体系化していきます。

ウクレレもこの頃から独学で勉強を始め、ジェイクシマブクロの曲などを弾いていきました。

 

順風満帆かと思われましたが、

20代後半は人生ドン底に落ちていきます・・・。

 

20代後半はドン底

続く